『セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ』フランチャイズ募集

「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」は全世界に500店舗。

日本には1998年に1号店を出店し、
        現在は27店舗を展開している『イタリアンバール』。


イタリアで愛されるバールの多くはその店一軒一軒に特徴があり、そこを利用する地元の人々の心の中に永く記憶されています。

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソが目指すフランチャイズは本場イタリアのエスプッレソクオリティを核とした、 トレンドや流行りだけに左右されることなく、 本物の味とサービスを提供することにより、永くその場所に存在し、愛されることを目的とした店舗運営のことを指します。

「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」フランチャイズパッケージの
詳しい資料はこちらから↓

『セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ』フランチャイズの強み!

「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」の強みをご紹介します!


『カフェではなくバール』
シアトル系のスペシャリティコーヒーシップや一般的な喫茶店とは違い、カフェ需要に加え、アルコール需要を取り込めるのが、「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」の大きな特徴になります。

上記2つの需要を取り込めることで、
    幅広いお客様にご来店いただくことが可能  ⇒ 客数アップ
    幅広いメニューをご注文いただくことが可能 ⇒ 客単価アップ
を図ることができます。

『エスプレッソコーヒー豆の栽培から焙煎を自社で実施』
世界でチェーン展開しているカフェの中で、唯一自社で栽培・焙煎したエスプレッソコーヒー豆を使用しています。
これは、レストランが自社の畑で栽培した野菜を使っているのと同様に「原材料費の低減」という大きなメリットにつながっています。

「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」フランチャイズについて

  • フランチャイズ加盟条件 (税抜き)

フランチャイズ加盟金

300万円(2加盟目以降半額)

加盟保証金

200万円
ロイヤルティ 月間売上の4%
システム使用料 5万円/月

  • フランチャイズ収支モデル(税抜き)
売上

600万円

 原価 170万円
 人件費 180万円
 その他費用(ロイヤリティ含む) 218万円
償却後営業利益 32万円

※減価償却費:61万円

※フランチャイズ収支モデル・開業必要資金等はあくまでモデルケースであり、様々な不確定要素や立地条件により、実際とは異なる場合があります。

  • フランチャイズ開業までの流れ

※フランチャイズ事業説明会の日程はこちらをご確認ください。

まずは、資料で詳細を見てみたいという方はこちら↓

Copyright 2015 PowefulBrains Co.,Ltd.